M字ハゲになりやすいタイプの特徴を考える

M字ハゲになりやすいタイプに特徴があるのか

 

『M字ハゲになりやすいタイプの特徴を考える』

 

 

 

M字ハゲというのは、主に男性に起こりやすい症状で改善も難しいと言われています。
それでは、M字ハゲになりやすいタイプの方の特徴を紹介していきます。

 

 

・ 普段から喫煙をしている人
・ 睡眠時間がバラバラだったり、極端に短い人
・ 常日頃からストレスが溜まりやすい人

 

これらのタイプに含まれる人は比較的M字ハゲになりやすいと言えます。

 

* もちろん私は全て当てはまっていました、さらに遺伝の要因も加わっていました。

 

 

まず、喫煙に関してですが、喫煙が身体に悪影響を及ぼすというのは広く知られていることですね。

 

ガンの原因になることもありますし、環境破壊にも繋がりますが、なんといっても髪の成長にもとても悪いです。

 

喫煙をすると、血管を細くしてしまい血流が悪くなります。

 

そして、さらに血液の中に有害物質を送り込んでしまいます。

 

 

その結果、どうなるのかというと、髪の成長に大切な栄養分が髪や頭皮に運ばれないということになります。

 

そうなると、当然のことながら頭皮は硬くなり弱ってしまい、毛根に栄養が届かなくなっていきM字ハゲになりやすくなってしまうというわけです。

 

喫煙は薄毛だけでなく健康にも悪いので、禁煙補助薬であるチャンピックスやニコチンパッチ、電子タバコなどを使用して禁煙しましょう。

 

 

次に、睡眠時間についてですが、こちらは髪の成長は体内のホルモン内に含まれる物質によって促されます。

 

そのため、睡眠時間がバラバラだったり、極端に短いと寝ている間に分泌する物質が分泌されないことになるので、髪が抜けやすくなってしまうということになってしまうのです。

 

頭皮の修復はほとんどが寝ている間におこなわれるため、睡眠時間が少ないほど比例して頭皮は弱っていきます。

 

特に夜の22時から2時まではホルモンの分泌が非常に多いのでこの時間帯はなるべく睡眠に当てておきたいところですね。

 

 

最後に、ストレスについてですが、ストレスを受けると交感神経を刺激します。

 

そして、交感神経は刺激を受けると血圧を上昇させます。

 

血圧が上昇すると血管が細くなってしまい、血流が悪くなります。

 

ストレスを受けてもすぐに発散できるタイプの人ならそこまで大きな問題にもなりませんが、長い間ストレスを受け続けていると、収縮した状態の血管が正常だと脳が認識してしまいます。

 

そうなると、頭皮や髪に栄養を運ぶことが出来なくなってしまうので、こちらもM字ハゲを進行させる原因となってしまうのです。

 

ストレスは溜めこないないよう趣味やスポーツ、十分な睡眠や入浴で改善できるようにしておきましょう。

 

 

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓