あなたは間違った薄毛対策をしていませんか?

間違った薄毛対策は余計に薄毛を助長する

 

『間違った予防していませんか?』

 

 

抜け毛が目立ってくると、皆さんは頭皮ケアをしようとします。
しかし、そのケアの仕方が正しいものだとは限らないのです。

 

 

例えば、
「頭皮を清潔に保つために、シャンプーは2回以上する」
「ぬるま湯よりも、熱めのお湯の方が汚れが取れるから、熱めのお湯で洗う」
「専用ブラシなどを購入し、ゴシゴシと髪を洗う」
「清潔感を保つために、朝と夜の2回お風呂に入る」
「髪に潤いを与えるために、トリートメントをつけてあまり洗い流さないようにする」

 

 

このようなことが、一般的に「間違っている」といわれる抜け毛対策になっています。
これらのことは全て「間違って」います。

 

 

まず、頭皮を清潔に保つためには夜1回のぬるま湯でのシャンプーで十分です。
2回以上してしまうと、頭皮に必要な脂分や必要な潤いまで洗い流してしまい、逆に頭皮が荒れたり余計に脂が多くでてしまいます。

 

熱いお湯で髪を洗うと頭皮の脂がほとんど流れてしまい、それを補うためにさらに頭皮から脂がでてくるので悪循環です。
また、頭皮が軽い火傷のようになってしまい、頭皮の炎症の元になってしまう場合もあります。

 

 

髪を洗う際には専用ブラシなどを使わずに、髪を濡らす前に軽くブラッシングをするだけで十分です。
ブラッシングをすることによって、髪の間の汚れやフケを浮き上がらせ、頭皮の古い角質などを浮き上がらせる効能があると言われています。

 

 

その後に、髪を十分に濡らして、シャンプーをします。
シャンプーをするときにも、直接シャンプーの原液をつけるのではなく、まずは手のひらにとって、なじませて泡立てた後に髪につけます。
頭皮を洗う際にも、爪を立てたりせずに、指の腹で髪の生えてる流れに向かって揉み込むように洗いましょう。

 

 

朝と夜の2回髪を洗うのはオススメできません。
何故なら夜に洗ったところに、頭皮は庇護膜を張ろうとします。

 

朝シャンをすると、その庇護膜が洗い流されてしまい、昼間の日光に含まれる紫外線を直接浴びることになってしまいます。

 

 

最後に、トリートメントやリンスは髪になじませたらすぐに洗い流すようにしましょう。
リンスやトリートメントに含まれる脂分などが毛根にダメージを与えることがあるので、できるだけ頭皮につけないように、髪だけにつけるようにしたほうがいいようです。
頭皮にリンスやトリートメントが付いている場合は十分すぎると感じるまで洗い流すことをオススメします。

 

 

以上のことを事柄を見直して、ちゃんとした抜け毛予防をしたほうがいいでしょう。

 

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓