抜け毛に効果のあるシャンプーはあるのか?

界面活性剤の入っていないシャンプーを選ぶ

 

そもそも、私たちは何故シャンプーを使うのを考えてみましょう。

 

シャンプーには頭皮の毛穴に詰まったフケや脂分や細菌を洗い流すといった効果があるといわれています。

 

皆さんがシャンプーで洗髪し、洗い流した後に「スッキリ」とするのは、頭皮や髪の脂分が取り除かれたからでしょう。

 

そして、髪も頭皮も水分を吸い取ることによって柔らかさが増して、しっとりと潤いを帯びてきます。

 

 

つまりは抜け毛を予防するため、定期的に頭を洗髪して頭皮を清潔に保たなければなりません。

 

ですが、「抜け毛を予防するため」といって過剰に洗髪を行うと、髪や頭皮に必要な分の潤いや脂分まで取り除いてしまっては元も子もありません。

 

 

簡単にイメージしてみましょう、強力な食器洗い用洗剤を使った後には、手がガサガサになりますよね?

 

あれは、手に必要な水分や脂分まで洗剤が洗い流してしまうために起こってしまう現象です。

 

 

市販のシャンプーの中には、強い洗浄力のある「界面活性剤」というものが使われているものが多くあります。

 

「頭皮の脂分を洗い流す」ということに関しては、合成界面活性剤は非常に効果があると言われており、洗い終わったあとにはいつも以上に「スッキリ」するでしょう。

 

 

しかし、洗浄力の強すぎる合成界面活性剤では、逆に必要な潤いや脂分まで奪い取ってしまう危険性があるのでオススメしません。

 

必要な皮脂がなくなると頭皮はさらにたくさんの皮脂を出して対応するので悪循環が生まれてしまうからです。

 

抜け毛予防のシャンプーを選ぶときには、必要な潤いを保ちつつ不必要な脂分は除去して、必要な脂分は残してくれる天然成分(アミノ酸系)のシャンプーを選ぶといいでしょう。

 

天然成分のシャンプーは界面活性剤のシャンプーに比べて、市場価格もやや高価なような気がしますが、抜け毛予防には天然成分(アミノ酸系)のシャンプーの方が良いということです。

 

 

 

シリコンの入っていないシャンプーを選ぶ

また、薄毛が進行している頭皮にはシリコン成分の入っていないものを選ぶ必要があります。

 

このシリコンとは市販のシャンプーには当たり前に配合されている成分の1つで、このシリコンのおかげで髪の毛がサラサラにすることができるのです。

 

シリコン成分が髪の毛を包むことで髪の毛のきしみを抑え、摩擦抵抗を減らしてくれるからですね。

 

 

 

しかしこのシリコンは髪の毛だけでなく頭皮も包み込んでしまうため、育毛剤を使用してもシリコンのバリアが邪魔して頭皮への浸透を阻害してしまいます。

 

ですからもし育毛剤を使用するのであればノンシリコンシャンプーを選ぶことが大切です。

 

 

 

このように界面活性剤やシリコンを含まないようなシャンプーを育毛シャンプーと言います。

 

値段は通常のシャンプーと比べて少々高いですが、高いだけの価値はあるので抜け毛や薄毛で悩み始めたら育毛シャンプーの購入を検討しても良いと思いますよ。

 

抜け毛が多いということは頭皮が弱っている可能性が高いです、ですから刺激の強い界面活性剤を含まないシャンプーに変えなければどんどん抜け毛は増えることでしょう。

 

 

抜け毛が多いからと育毛剤を使用してもシリコン配合のシャンプーを使用していては育毛剤の効果も半減してしまいます。
育毛剤を使用するときは必ず育毛シャンプーを使用することにしましょう。

 

 

抜け毛や薄毛を治したいならちゃんと現状を理解し、それに対して効果のあるケア用品を使用することが大切になってくるのです。

 

育毛シャンプーは現在色々な種類が出ていますが、基本的には上記の通り界面活性剤とシリコンが配合されていなければ大丈夫だと思います。

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓