遺伝による抜け毛は関係性が高いものなのか?

遺伝による抜け毛は関係性が高いものなのか?

 

『抜け毛と遺伝は本当に関係するのか?』

 

 

 

男性型の脱毛症は遺伝するといわれています。

 

これは最近のドイツの研究者チームが出した発表なのですが、遺伝子の中に、脱毛症になりやすい染色体があり、これが親から遺伝されると、脱毛症になるといわれているものです。

 

 

また、男性ホルモンの多少にも、大きく影響されるようです。

 

一般的に男性ホルモンの量が多い体質の方に髪の毛が薄くなりやすいという傾向が見られます。

 

 

毛髪に関しての調査では、両親共に髪の毛が薄い場合、子供の髪の毛が薄くなる可能性は、かなり高くなるそうです。

 

父親よりも母親が薄毛の方が遺伝という観点だけで考えると、薄毛になる可能性は、やや高まるようですね。

 

遺伝による抜け毛や脱毛症の発症確率は結構高く、しかも、若い間にかかることもあり、10代のうちに発症するケースも珍しくはありません。

 

 

男性の抜け毛の場所としては、前頭部か頭頂部から薄くなっていくのが一般的です。

 

徐々に薄くなってきた場合には、必ずヘアケアを行ってください。

 

急に薄くなってきた場合には、抜け毛ではなく病気などの可能性もあるので、必ず専門の医師の診断を受けてください。

 

 

 

遺伝のほかにも、外部的な要因で抜け毛が発症するケースも多いので、まずは日常的なケアを行うことが大事です。

 

頭皮を清潔にしたり、食生活を見直すことから始めることの方が、遺伝を気にするよりも先決だといわれています。

 

タバコを吸う人は血管が細くなり、血流が悪くなるため、吸わない人に比べ頭皮が弱くなる可能性が高くなるそうです。

 

正しい睡眠や適度な運動を行うことによって、ガンや糖尿病といった成人病も予防できるので、正しいサイクルで生活するようにしましょう。

 

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓