抜け毛とホルモンの関係を知っておきましょう

抜け毛とホルモンの関係を知っておきましょう

 

『抜け毛とホルモン』

 

 

 

まず、男性ホルモンが多いと抜け毛が進行し、女性ホルモンが多いと丈夫な髪が維持できると、一般的にはいわれています。

 

男性ホルモンが多くて抜け毛が進行する部分としては、前頭部と頭頂部が挙げられます。

 

まるでカッパのように抜け毛が進行してきたり、オデコが広くなってきて、髪の面積が狭くなってきたと感じてきたら、薄毛が進行してきたということになります。

 

 

他にも、女性ホルモンが異常に分泌され、髪の強度が上がった後に、女性ホルモンの数値が通常に戻ると、一時的に抜け毛が増えるといったことがあります。

 

わかりやすい例えでいきますと、「妊娠と出産」です。

 

女性は妊娠時に女性ホルモンの分泌が活発になり、産後は通常時に戻ろうとするので、一時的に抜け毛が増えるといわれています。

 

そのほかにも、ホルモンバランスが崩れることによって、自律神経がおかしくなり、睡眠不足になったり、食が細くなって栄養不足になったりなど、良いことなんて一つもないといっても過言ではありません。

 

男性であっても女性であってもこのようにホルモンバランスが崩れることで薄毛が進行するというわけです。

 

 

ではホルモンバランスを整えるにはどうすればいいでしょうか?

 

それは、「規則正しい生活をする」の一言に尽きます。

 

規則正しい生活をすると、人間の生活サイクルと社会とのサイクルが噛み合い、楽に日常生活を送ることができます。

 

朝起きて、夜に寝る。という普通のサイクルですが、普通ほど難しいものです。

 

ついつい夜更かししてしまったり、間食や高カロリーな食べ物を多く摂取してしまったり、「普通」というのはそういうことを全て省いて得られるものです。

 

 

抜け毛が増えるのは、このホルモンバランスも大きく関わっていると言われています。

 

男性ホルモンも女性ホルモンも年齢と共に分泌量は変化していくといわれおり、男性は男性ホルモンの方が強くなり、女性は女性ホルモンの方がつよくなるといった状態になるそうです。

 

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓