薄毛を治すために知っておきたい食生活

 

こちらでは、食べ物や飲み物、身体の中に入るもので特に抜け毛の原因となっている物を挙げていきます。
普段の生活の中にも薄毛になる原因はたくさんありますので、この機会にご自信の生活習慣を見返すと良いかもしれませんね。

 

 

@ 食べ物

抜け毛に良い食べ物というのは沢山ありますが、抜け毛に悪い食べ物というのは一口にコレというのはありません。

 

それは食べ物自体が髪に悪影響を与えるというケースではなく、色々と食べた結果として栄養のバランスが悪くなり、それらが原因で抜け毛になるといったケースの方が遥かに多いからです。

 

つまり、良質なたんぱく質を中心に、糖分、脂肪分、ビタミン類などを摂取するなど、バランスの良い食生活を心がけることが、抜け毛の予防に繋がるとも言えます。

 

よく海藻類が髪の毛に良いという情報が交錯していますが、昔私が半年かけて毎日海藻類を食べても薄毛は改善しなかったので、この情報はあまり信憑性がないと思われます。

 

現在薄毛を治すために食べておきたい食べ物は、豆腐と唐辛子です。

 

これらは実験でも実証されているので毎日冷奴として、唐辛子を豆腐にふりかけて食べると薄毛は治りやすいですね。

 

私の経験上で言うと、食べ物では毎日同じ食事をしたり、好きなものばかり食べるような偏食でない限りは薄毛は心配ないと思われます。

 

 

A 水

皆さん普段は特に気にせずに水道水を使っていると思います。

 

実はその毎日使用している水道水も抜け毛の原因の一つだといわれています。

 

何故かと言うと、通常水道水は塩素で消毒されて私達のところにやってきますよね。

 

その塩素が体のたんぱく質と化学反応を起こしてたんぱく質を破壊するといった性質を持っているといわれているからです。

 

もちろん、人間の皮膚や細胞もたんぱく質でできているので、少しずつではありますが、水道水を利用することによって徐々に破壊されていくこともあります。

 

通常は細胞が破壊されてもすぐに再生されるので気にする必要性がないのですが、頭皮が弱った状態にあると再生が間に合わなくなり薄毛が進むことがあります。

 

細胞がダメージを受けた結果、毛根が細くなって抜け毛の原因になるといわれています。

 

これらの水道水は浄水器ヘアケア用のシャワーヘッドなどを利用し塩素を少しでも抜いて使用することによって、ある程度解消されると言われています。

 

使用する水道水に関しても、私の経験上ではそれほど気にする必要性は感じられませんでした。

 

水に関して気をつけるとすればシャンプー後のすすぎをかなりしっかりしておくことくらいです。

 

 

B お酒

お酒は程々に飲むと体内の血行を良くし、抜け毛予防に効果があるといわれています。

 

しかし、お酒を飲みすぎると、体内のたんぱく質が不足し、髪の成長を妨げることがあります。

 

アルコールを体内で分解するときに大量のビタミンなどを使用するために髪の毛を生成するための栄養分が不足するためです。

 

それによって、抜け毛の原因になることもあります。

 

また、お酒の飲みすぎによって睡眠不足や、不規則なライフサイクルになり、ホルモンバランスが崩れることによって、抜け毛が増します。

 

お酒も、生活習慣もバランスよく規則正しい生活を送るようにして、抜け毛を予防しましょう。

 

お酒は飲んでも大丈夫です、私は毎日お酒を飲むのですが飲みすぎさえしなければ気にする必要はありません。

 

気になるときは私のように栄養サプリメント育毛サプリメントなどを毎日飲んでおけば大丈夫です。

 

 

C ラーメン

実は頻繁にラーメンを食べている人には薄毛になる可能性が高いと言われています。

 

ラーメンに含まれている脂により血管がコレステロールで細くなり血行不良に、そしてラーメン自体のカロリーで体が太っていってしまうからだそう。

 

知らないうちにどんどん太っていき髪の毛が薄くなっていく。

 

さらには痩せるためにダイエットして栄養不足で、薄毛がどんどん進行していくといった悪循環にいたることも多いのだとか。

 

ラーメン自体は食べることは構わないのですが、頻度は多くしないのが良いと思われます。

 

M字ハゲを治すための3種の神器 〜 必ず改善できる組み合わせ 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛発毛を促進し頭皮を回復することができるM字用育毛剤
↓↓
抜け毛を減少させ育毛を促進し頭皮を回復することができるNo1育毛サプリメントです
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAの治療薬であるプロペシアを服用することでAGAの原因を解決できます
↓↓